a
トロントオンラインは、カナダ、トロントをくまなく紹介するトロントポータルサイトです
a
a
bar bar
a
a
トロント大全
a トロントから最も人気のある観光地、
ナイアガラの観光情報をご紹介

 
a
a
ナイアガラ旅行トロント大全HOME a
a a
a 行き方歩き方観光スポットアトラクションイベントナイアガラ オン ザ レイクワイナリー a

a ナイアガラの行き方 a

picaトロントからアクセスできる最も有名な観光地はもちろんナイアガラフォールです。世界三大瀑布の一つとして知らない人は居ないこの滝は、ゴート島でアメリカ滝とカナダ滝に二分されていて、カナダ滝は高さ54m、幅675m、水量毎分1億5500万、アメリカ滝は高さ56m、幅320m、水量毎分1400万というスケールの大きさで、なんとカナダ滝は水で少しづつ削られ、毎年約3cmづつ後退しているそうです。

一方でナイアガラは、北米で、ラスベガスに次ぐ、ギャンブルの街でもあります。また近年エンターテイメント施設も数多く作られ、アメリカ、カナダ両国だけでなく世界各地から観光客が訪れる場所になっています。トロントからアクセスも良いので、ぜひ一度は訪れてみましょう。

ナイアガラに行くのであれば、バスがオススメです。Dundas×Bayの近くのMetro Toronto Coach Terminalから、ナイアガラ行きのバスが1時間に1本程度運行しています。それ以外にも市内各所から旅行会社がバスを運行しています。

もちろん飛行機でもアクセス出来ますが、トロント在住であればメリットは殆ど無いです。短期滞在者の方も、飛行機の乗換えを考えると、ピアソン国際空港から直接ナイアガラ行きのバスを利用するほうが早いかもしれません。列車でもアクセス出来ますが、バスのほうが安くて速いです。
linkナイアガラ・フォールズ観光局 http://www.niagarajapan.com

iconカジノバス
picaカジノバスとは、ナイアガラのカジノと提携して、各バス会社がカジノを経由するバスチケットを格安で提供するサービスで、前提としてカジノに入る必要があります。バスは、通常運行しているバスと同じ便です。ただし、カジノバスのチケットは通常より若干便数が少ないです。詳しくはターミナルの時刻表をチェックしましょう。

バスは、Dundas×Bayの近くのバスターミナルから運行していて、カジノバスのチケットが欲しいといいましょう。そうすると、カジノカードはあるかと聞かれるので、持ってない人は無いと言うと、行きはディスカウントが効かないですが、帰りのディスカウント分のクーポン券がもらえます。

ナイアガラのカジノに着いたら、まずカジノカードを作りましょう。要パスポート。そして、カジノに入場してすぐ右側に行くと、クーポン券を現金に交換してくれます。もちろんカジノカードを持っている人は、チケットを買った時点で行きの分のディスカウントを除いた料金を払い、クーポン券をもらって、カジノに着いたら現金に交換するというシステムで、税金込みで$1-2でナイアガラを往復できてしまいます。これで、ナイアガラの滝観光は出来ますが、ただし、カジノも利用するという前提であるので、後は自己責任でお願いします。

他にもカジノバスと呼ばれるバスを旅行会社が運営しているようです。旅行代理店で問い合わせてみましょう。

iconトロントのピアソン国際空港から
ナイアガラフォールズやナイアガラ・オン・ザ・レイクまで直通バスが運行しています。

iconアメリカ側への行き方
ナイアガラのアメリカ滝のすぐ側、切り立った渓谷を結ぶRainbow Bridgeは、カナダとアメリカをつなぐ橋でもあります。この橋へアクセスして、カナダ側から橋の使用料として¢50を払い、橋を歩いて横断します。そしてアメリカ側につくと、入国審査があり、パスポートの提示と入国税としてUS$6を支払います。US$を持って居なくてもクレジットカードで支払うことが出来ます。また、戻る際は、カナダ側で税関の審査があり、パスポートの提示が求められます。

もちろん車でのアメリカへの入国も可能です。

a ナイアガラの歩き方 a

picaおそらく殆どの方がカジノバスで行くのではないかと思います。カジノバスはナイアガラの2箇所のカジノに立ち寄る事が多く、どちらからも滝まで徒歩約20分程です。また霧の乙女号の乗り場は滝から下流へ徒歩10分程の場所にあり、この乗り場からさらに下流へ徒歩5分程行くと、アメリカへの国境となります。

またCasino Niagara周辺には様々なアトラクション施設があり、色々廻ってみるのもオススメです。

iconナイアガラ周辺を自転車で廻る
ナイアガラの滝、アウトレットモール、オンザレイクやワイナリーを自転車で廻ってみませんか?レンタルは8時間で$27とあまりやすくありませんが、効率的に廻れるのでオススメですね。オフィスはアメリカ国境の、Niagara Information Centre内にあります。
linkNiagara Bicycle Rentals and Tours - http://www.niagarabicycles.com

a 観光スポット a

カナダ側

iconTable Rock Complex - テーブル・ロック・コンプレックス

picaカナダ側から滝を訪れる人は必ず行くポイントです。テラスから見る、目の前の滝は壮観です。記念撮影はここで。建物内にはレストランやギフトショップがあり、インフォメーションもあります。また、Journey Behind the Fallsの入り口もここにあります。

iconSkylon Tower - スカイロン・タワー
全高236m、展望台が160mのタワーです。この展望台は回転していて、ここから見る滝の眺めもすばらしいです。さらに、天気がよければ遠く、オンタリオ湖の反対側の、トロントも見ることが出来ます。
link
http://www.skylon.com

iconMinolta Tower - ミノルタ・タワー

ナイアガラのカナダ滝のすぐ側にある展望タワー。ちょっと滝から離れていますが、ここからの景色もなかなかですよ。高さは99mです。

アメリカ側

iconTerrapin Point - テラピン・ポイント

picaアメリカ側からもぜひ滝を見て欲しい!こちらからのほうがゆっくり滝を見ることが出来ますし、滝までの距離が近いです。また、この場所は大きな公園になっていて、散歩にも最適です。ちょっとアクセスが悪いのが難点。

iconProspect Point - プロスペクト・ポイント

アメリカ側にある、アメリカ滝を真横から見ることが出来るポイント。ここの展望タワーは遠くにカナダ滝も見ることが出来て、なかなかのオススメポイントです。ちなみにアメリカ側の霧の乙女号はこの滝の下から出ています。

iconLuna Island - ルナ島
ナイアガラには実は滝が3本あります。アメリカ側の、アメリカ滝とブライダルベール滝の間にあるこの島では、両側に滝が流れるというポイントで、迫力満点です。

ナイアガラ郊外

iconボタニカル・ガーデン
ナイアガラの滝の北約9kmにある庭園。ナイアガラのツアーでは必ず廻る観光ポイントです。敷地内には、有名なバラ園をはじめ、様々な植物が栽培されており、さらに蝶観察館もあり、巨大な温室内で、何と2000羽もの蝶を見ることが出来ます。

iconCanada One Factory Outlet
ナイアガラまで来たらアウトレットモールに行ってみよう。Nike、Club Monaco、Roots 、Levisなど、30店ほどの店舗が入っています。滝周辺からは歩いては行けません。バスもありますが何人かで行くならタクシーが便利。ナイアガラの滝周辺から10分ほど。
linkhttp://www.canadaoneoutlets.com
7500 Lundy's Lane Niagara Falls

iconPrime Outlets at Niagara Falls
picaアメリカ側にあるアウトレットモール。Burberrysや、adidas、Calvin Kleinなど、アウトレットの規模はカナダ側より大きいです。ネックは何といっても距離。ただし国境からは結構離れていて、タクシーで約15分ほど。アクセスが悪いので、余りオススメしません。
1900 Military Road Niagara Falls, NY 14304

iconMarine Land - マリンランド
ナイアガラの滝から約5km、車で約10分ほどの場所に、水族館と遊園地が合わさったようなアミューズメントパークがあります。ここは、やはり水族館だけあって、特にシャチやイルカのショーが人気があります。遊園地としては規模は小さいですが、カナダ最大のジェットコースター、ドラゴンマウンテンはおすすめ。夏季のみオープン。
link
http://www.marinelandcanada.com
7657 Portage Road. Niagara Falls

iconNiagara Go-Karts and Mini Putt
本格的なカート場がナイアガラにあります!9馬力のファミリーカーと、なんと20馬力のフォーミュラワンと呼ばれるカートまで、約1kmのコースを爆走できます!詳細は下記をご覧下さい。
linkhttp://www.niagarago-karts.com
7104 Kinsmen Crt, Niagara Falls, ON L2N 5P7 Tel: 905-356-9030

iconNiagara Freefall & Interactive Center
なんとインドアスカイダイビングが出来るアトラクションです。仕組みは下から吹き上げる強烈な風の上に乗り、擬似フリーフォール体験が出来るというものです。詳細は下記をご覧下さい。
linkhttp://www.niagarafreefall.com/freefall/
6357 Stanley Ave. Niagara Falls, ON L2E 3Y6 Tel: 905-356-9764

a アトラクション a

iconThe Maid of the Mist - 霧の乙女号
picaナイアガラに夏に行ったらぜひ乗って欲しい、ナイアガラの遊覧船です。滝の下流、アメリカ側とカナダ側から交互に切れ目なく運行している遊覧船で、本当に滝の側、すぐ脇の滝のしぶきの中まで突き進み、そこから見る滝は圧巻!もちろんびしょ濡れになるのですが、ビニール製のレインコートが配られるので安心。カナダ側は、アメリカ滝の反対側、少し下流から運行しています。さすがに冬季は運行していないのでご注意を。
link
http://www.maidofthemist.com

iconJourney Behind the Falls - ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ
なんと、滝を裏側から見ることの出来る、100年以上前に掘られた、全長46mのトンネルで、裏から見る滝も度迫力です。さらに、滝の真横に出ることが出来るので、そういう意味でもオススメです。場所は、テーブル・ロック・コンプレックスの建物内が入り口になっています。ちなみに有料。

iconCave of the Winds - 風の洞窟ツアー
picaアメリカ側のアメリカ滝のカナダ滝側から、アメリカ滝の真横の木製デッキを散策するツアーです。なんと滝までの距離は6m!迫力満点。びしょぬれ必須!もちろんレインコート支給です。

iconグレート・ゴージ・アドベンチャー
滝から約4km下流の川のほとりの絶壁にある遊歩道。ここの絶壁を見ていると長い年月をかけて滝を切り開いた大自然の力に感動するかも。

iconSpanish Aero Car - スパニッシュ・エアロ・カー
滝の下流4.5kmにある川の上を横断するゴンドラです。約1kmのゴンドラは76m上空を空中散歩することが出来ます。なぜこの名前なのかというと設計者がスペイン人というだけなんだそうです。

iconNiagara Helicopters - ナイアガラ・ヘリコプター
ナイアガラの滝の上空を空中散歩してみては?ヘリコプターで上空を遊覧するツアーがあります。滝の上空だけでなく、オンタリオ湖畔まで、ぐるっと遊覧するので、なかなか豪華なツアーですよ。
link
http://www.niagara-helicopters.com

iconWhirlpool Jet Boat Tours - ワールプール・ジェットボート・ツアー
ナイアガラの滝の下流に、ワールプールと呼ばれる、川の流れが渦巻くポイントがあり、そこをジェットボートで遊覧するというツアーです。約30分のツアーは、スリル満点、ただしずぶぬれ覚悟で。
link
http://www.whirlpooljet.com

iconFlight of Angels - フライト・オブ・エンジェルス

気球に乗って上空から滝を観光しよう。約100mの上空まであがる気球は、地上からロープでつながっているので、乗った場所と同じ場所に下ります。場所はアメリカ側です。

iconCasino Niagara
ナイアガラといえば、忘れてはいけないのがこのカジノです。正面から入ると、その広さに驚くのですが、さらに、エスカレーターで下に降りてもカジノがあり、なんと4階建で、カナダ最大のカジノです。思った以上にだだっ広いカジノには、これまたかなりの人がゲームに興じていますよ。他にもバーやラウンジもあり、一大エンターテイメントスペースとなっています。カジノバスというカジノに行く人の為のバスも運行していています。また、2004年6月、Niagara Fallsview Casino Resortというカジノ施設が出来ました。

a イベント a

iconIllminetion
pica夜になるとナイアガラの滝がライトアップされます。毎日、日が暮れるとアメリカ滝もカナダ滝もライトアップされる光景は、とても綺麗ですよ。特に冬季に滝が凍ると、とても幻想的ですよ。

iconFire Works

夏季の毎週金・日曜と祭日にナイアガラの滝で花火ショーを見ることが出来ます。ライトアップされた滝と上空の花火のコントラストはとても綺麗です。

iconNiagara Festival of Lights
毎年11月下旬から1月まで行われる光の祭典。カナダ、アメリカ両滝だけでなく、ナイアガラフォールズの街は色とりどりのイルミネーションで飾られ、特にクリスマスシーズンの時期がオススメですよ。
linkhttp://www.wfol.com

iconNiagara Falls Blossom Festival
毎年5月に行われる、春の訪れを知らせるフェスティバル。特にパレードは必見ですよ。

iconNiagara Grape & Wine Festival

9月に開催される秋の収穫祭です。ワイナリーツアー、ワインのティスティングなどワイン好きにはたまらないイベント。パレードも必見。
link
http://www.grapeandwine.com

a ナイアガラ・オン・ザ・レイク a

picaナイアガラの滝から北へ約15km、車で20分程の、オンタリオ湖畔に位置するこの街は、滝から流れ落ちる川がオンタリオ湖に注ぐ河口にある歴史の古い街です。ビクトリア調の町並みは、ここがイギリスの領地だったことを物語るとても落ち着いたもので、ぜひ時間があったら街中を散策して欲しい場所です。さらに近くにはワイナリーなども多く、そちらを訪れる人も多い。

元々アッパー・カナダ(現:オンタリオ州)最初の総督官邸が置かれた場所であり、1840年代に建てられたイギリス風の歴史ある建物が今も多く現存する為、美しい町並みを残し、この町並みを見に多くの観光客が訪れる。街の中心を走るクィーンズ通りには街のランドマークでもある時計塔があり、この時計塔は第一次世界大戦で戦死した地元民の慰霊碑として建てられたもので、ここを基点に街を廻ると良い。

また、演劇の街として知られ毎年4月〜11月の間、演劇祭「ショー・フェスティバル(Shaw Festival)」が開催されるので、演劇に興味がある人は訪れてみよう。

a ワイナリー a

picaナイアガラ周辺は、数多くのワイナリーがあり、テイスティングが出来るような観光客向けの施設も数多くあり、ぜひ、トロントからレンタカーで、ナイアガラ周辺を観光がてら、ワイナリーを訪れてみましょう。ただし、ドライバーさんは我慢して下さいね。

icon行き方
安上がりなのはナイアガラまでカジノバスで行き、レンタサイクルやタクシーで廻るのがオススメ。ナイアガラには6人乗りのタクシーもある。

icon世界で一番小さな教会
世界でいちばん小さな教会「Wayside Chapel(ウエイサイドチャペル)」に行ってみよう!Niagara River Parkwayにあります。

iconワイナリー情報
linkWines of Ontario 
http://winesofontario.org

Cave Spring Cellars 3836 Main St, Jordan Tel: 905-562-3581 http://www.cavespringcellars.com
ワイン、アイスワインの製造元、併設のレストランはかなり有名!料理とワインを楽しむのにオススメなワイナリー。

営: Mon to Thu 10am - 6pm、Fri & Sat 10am - 7:30pm、 Sun 11am - 6pm(Jun 1 to Oct 31)
Mon to Thu 10am - 5pm、Fri & Sat 10am - 6pm、Sun 11am - 5pm(Nov 1 to May 31)
ワイナリ−ツア−: Daily - 12:00、15:00(Jun,1 - Sep,30)、Fri, Sat and Sun - 15:00(Oct,1 - May 31)
Chateau des Charmes 1025 York Rd. Niagara-on-the-Lake Tel: 905-262-4219 http://www.chateaudescharmes.com
オンタリオ・ワインのパイオニアとして知られる、ポール・ボスクにより創立されたワイナリー。特にプレミアムVQAワイン及びアイスワインが有名。
また通年オープンしており、ワイナリーツアー、テースティングのほか結婚式やイベントにも利用されている。

ワインカントリ−ピクニック - ワイナリーツアーと試飲後、葡萄畑を眺めながらランチを楽しめる。
ハ−ベストテイスティング - 収穫直後のブドウから取れた果汁とワインを飲み比べることが出来る。収穫期限定ツアーなので要確認。

営: 毎日 11:00-18:00、ワイナリ−ツア−: 11:00、15:00の2回
Hillebrand Estates Winery 1249 Niagara Stone Rd, Niagara-on-the-Lake Tel: 905-468-7123 http://www.hillebrand.com
アイスワインの他スパークリングワインがオススメのワイナリー。ココの併設レストランは料理がおいしく、かなりオススメ。ワインと共に楽しんでほしい。
Inniskillin Line 3 at the niagara Parkway Tel: 905-468-2187 http://www.inniskillin.com

世界最高級のワインナリーの中でも独自のワインを生産することに専念している。1975年にカナダで最初に設立されたワイナリー。アイスワインの生産でも知られており、ナイアガラオンザレイクの美しい郊外に沿ったブドウ畑の中にあり、納屋風の建物がとても美しいです。

営: 10:00-18:00 (5月から10月)、10:00-17:00 (11月〜4月)

Pillitteri Estates  1696 Niagara Stone Rd, Niagara-on-the-Lake Tel: 905-468-3147 http://www.pillitteri.com

世界最大規模のアイスワインメーカーの一つ。家族経営で造られるアイスワインは、品評会での評価も高く、非常にクオリティが高い。

営: 毎日 10:00 - 20:00 (May 15 - October 15)、10:00 - 18:00 (October 16 - May 14)、ワイナリ−ツア−: 11:00、15:00の2回

Strewn 1339 Lakeshore R, RR#3, Niagara-on-the-Lake Tel: 905-468-1229 http://www.strewnwinery.com
ワイナリーだけでなく、カナダで唯一のワインクッキングスクールもあるワイナリー。各種ツアー、フードテイスティングも豊富。日本人スタッフが居て、日本語でのワイナリー・ツアーもアレンジできる。

a
a
a
a

a
a
トロント掲示板・クラシファイド
a
メニュー
a a
基本情報
暮らし
仕事
旅行
トロント
トロント近郊
ナイアガラ
オタワ
モントリオール
ケベックシティ
旅行会社
ホテル
交通手段
トロントから各地へ
スポーツ
レストラン
ショップ
エンターテイメント
a
a
a
a
a
a
a a a a a
a
aCopyright(C) Brand New Web. All Rights Reserved.
トロントオンライン
a