a
トロントオンラインは、カナダ、トロントをくまなく紹介するトロントポータルサイトです
a
a
bar bar
a
a
a トロントでの買い物に関する情報のご紹介
 
a
a
買い物暮らしトロント大全HOME a
a a
a 買い物の基礎知識 ・入手方法 ・ショッピングエリア ・日本の物を入手する a

トロントの生活していくにあたって、買物に関するアドバイスになればと思います。

a 買い物の基礎知識 a

icon消費税

aカナダ国内では、買物に対して必ず税金がかかります、そしてトロントのあるオンタリオ州での買物には、14%の消費税(連邦税6%+州税8%)が加算されます。

icon営業時間

トロントを問わずカナダのお店は日本より早く閉店します。ショッピングモールやデパートの営業時間は、平日は午前10時から午後8時まで。土曜日は7時閉店、日曜祝日は5時閉店となる店が多いです。ドラッグストアやお土産屋、日用雑貨店などは深夜まで営業している所が多いです。コンビニなど24時間営業の店もあります。

店の入り口に、その店の営業時間がわかりやすく表にして張られています。自分の良く行く店であれば、事前にチェックしておきましょう。

icon値段
日本と比べて、トータルで考えると、これ私の意見ですが、日本と変わらないと思います。若干カナダが安いかなという程度です。というのは、生活必需品、例えば食品、日用品などはカナダのほうが2、3割安いです。嗜好品と電化製品は日本のほうがずいぶん安いです。服などは、物によっては差がありますが、ある程度のクオリティであれば、ほぼ同じような値段です。
何しろ、消費税だけで、カナダの方が1割高いわけで、買物に限ればほぼ一緒でしょうか。もちろん、家賃など、トータルの生活費では、やはりカナダのほうがぜんぜん安いですよ。

icon店を選ぶ

a食料品、日用雑貨は、お店の規模に比例して安くなると思います。例えば、お店の規模が小さかったり、深夜まで営業しているような店は、値段も高いです。この違いが馬鹿になりません。すぐ近くの店でも同じ商品の値段が、2倍の差があるなんて事もあります。いつも買うような物は、きちんと値段を調べて安い店で買ったほうが良いですよ。

iconカードでの買物
トロントでは、殆どの店で、クレジットカードでの買物が可能です。防犯の為にもあまり現金を持ち歩かずに、カードで済ませたほうが良いですよ。さらに、日本以上にデビッドカード(銀行カード)での買物が出来ます。

iconお釣り
カナダのコインは、私は種類が多すぎて、なかなか使いずらいです。お札で済ましてしまうので、どんどん細かいコインがたまります。なので、できるだけカードで買物をしているわけですが。あと、高額紙幣で買物をしようとするとお釣りが無くて買物できないなんて事が良くありますので気をつけましょう。

iconレシート
レシートに書いてあるのですが、カナダではレシートがあれば、返品や交換などがかなりスムーズに出来ます。あと、私は物の値段の説明が良く解らない(思った値段と違う)なので、買物を多くしたときはレシートをチェックしたりします。あと、セールなどだと、店頭の表示と、実際の値段が違ったりするので、気をつけたほうがいいですよ。

a 入手方法 a

icon食料品
a必ず近くに大きなスーパーがあると思います。探してみましょう。あとお菓子や飲み物は、ドラックストアでも売ってますし、個人商店やコンビにでも売ってます。あと、日本人向けの食材は中華街で殆ど手に入ります。値段も安いですよ。

icon野菜・肉・魚
安く手に入れるなら、中華街。品質重視で安く手に入れるなら、ケンジントンマーケットか、、グリークタウンのお店がオススメです。新鮮な食材を扱っていますし、品質も良いので、安心出来ますよ。郊外にも数多くの中国系コミュニティがあり、食材が更に安く手に入ります。

iconお菓子
甘いもの大好きカナダ人。お菓子もそりゃ色々あります。値段は日本よりちょっと安い程度です。ガムやキャンディなどは、駅の売店やニューススタンドでも買う事が出来ます。まあ、日本の感覚と近いですね。

icon日用雑貨
意外とスーパーでは売ってますけど、品揃えが少ないです。ドラックストアや、日用雑貨店で売ってます。中華街に行くと、色々かなり安く手に入りますよ。あと、DORRAMAという$1ショップでは日用品が安く色々手に入りますよ。

icon
aドラッグストアで買えます。ビタミン剤なども含め、薬はドラックストア以外では売ってません。といってもかなりの数の店があるので困ることは無いです。薬剤師がいるので、処方箋ももらえます。私がいつもお世話になっているのはShoppers Drug Martと Pharma Plus Drugmartです。特にPharma Plus Drugmartはセール品が安いので、よくチェックしています。

icon洋服
デパートや、各専門店で売ってます。トロントにはショッピングモールが数多くあるので皆さんもよく行くことになるでしょう。日本でおなじみのブランド半分+見たこと無いブランド半分といったところでしょうか?

ブランド物なら、Bay駅周辺のBloor St沿いか、一つ北のブロックのヨークビルで探すと良いです。またカジュアルな服なら、Queen St Westか、Eglington駅からYonge St沿いを北に行ったエリアがオススメです。古着ならケンジントンマーケットもお忘れなく。

icon化粧品
aイートンセンターなどのショッピングモールやデパート、ドラッグストアで買う事が出来ます。

icon電化製品
チェーン店が多いです。といっても日本のチェーン店のような大きな店はそれほど無いです。安いもの、簡単なものであれば、日用雑貨店でも売ってます。あとはQueen駅周辺などのYonge St沿いや、中華街でも結構売っていますね。但し、トロントで売っている物は、日本の電化製品ほど種類や性能は良くないです。

icon
本は、日本と同様、本屋でしか売ってません。トロント市内にはIndigoやChaptersという大手チェーンの店がショッピングモールなどに数多くあります。逆に小さな店は殆ど無いです。雑誌や新聞はコンビニなどでも売ってます。日本と違って、お店がゆったりしていて大きいのと、本を読むための椅子などが数多くあり、みんな座って読んでます。さらに、本のバーゲンをやっているのが面白いです。

icon音楽
トロントではなんと言ってもHMVです。とにかく飛びぬけて店舗数が多いです。あと、BloorとDundas駅の間のYonge St.沿いやBloor - Yonge駅とWellsに、CDショップがたくさんあります。中古屋などもありますよ。

iconアルコール
aトロントでは、アルコール類は全て、Beer Storeか、政府直営のリカーストア、Liquor Control Board of Ontario、通称LCBOでしか売ってません。これは結構問題で、営業時間を気を付けないとどこにも売ってないので。LCBOに関してはショッピングモールなどに良くあります。

あと、注意してほしいのは、トロントでは、政府指定のお店と自宅以外ではお酒は飲めません。要するに外では一切飲めませんのでご注意を。また、日本人は若く見られるので、身分証明書の提示を求められる事がありますので用意しておきましょう。
iconLCBO http://www.lcbo.com

iconタバコ
コンビニや個人商店で売っています。カナダはとにかくタバコが高い!よってよく吸う人は、税金なしで持ち込める分だけ日本(成田空港)で買って行きましょう。ちなみに、トロントでは、ほぼ、建物内、室内は禁煙です。みんな寒いのに外まで行って吸っています。安いといえば、中華街。よく探してみると他よりかなり安くタバコが手に入りますよ。

a ショッピングエリア a

aトロント市内には、ショッピングモールやデパートが数多くあり、そこに行けば大概のものがそろいます。また、日本と同様、その場所の特色が出ているエリアもあります。中華街やコリアンタウンといったエスニックタウンと呼ばれる地域もあり、安いもの、そこでしか売っていないものも若干あります。

iconイートンセンター周辺
地下鉄のDundasからUnion駅までの、イートンセンターを含めた高層ビル街は、トロント一のショッピングエリアです。もちろんなにしろイートンセンターだけでも300ほどの店があるわけで、ここで、皆さん満足するとは思います。さらにイートンセンター沿いのYonge Stにはかなりの数のお店がありますよ。

さらに、King駅の南東には、最もカナダらしいマーケット、St.Laurence Marketがあり、買物だけでなく、観光地としても紹介されている古き良きマーケットがあります。詳細はこちら

iconアンダーグラウンドシティ
トロントのユニオン駅からイートンセンターまで、さらにその周辺のビルの地下を繋ぐ広大なエリアに、PATHと呼ばれる、地下街があり、お店やレストランがいたるところにあり、買物に困りません。別の方向、St.Andrew駅方向にも地下街がつながっていて、さらにこちらのほうがお店が多いです。はたしていくつの店があるのだろう。あと、迷子になりやすいので方向音痴の方は要注意です。

iconヨークビル
銀座のような、高級ブランド街といえばこの地域です。地下鉄の Blooor-Yonge駅からBay駅にかけてのYorkvilleという場所を中心としたエリアには、シャネル、ティファニー、ルイ・ヴィトンなど有名ブランドの店と高級デパートがあります。特に、高級ブランドのブティックが集まるHolt Renfrewは最も有名でしょう。さらにYorkville St沿いには、Hazelton Lanesというショッピングモールと、おしゃれなブティックやレストランなど様々なお店が立ち並ぶ一角です。

iconヤングストリート
aBloor-Yonge駅からKing駅までの間は、通り沿いに店が途切れる事がありません。特に多いのは、音楽ショップやビデオショップ、家電専門店、パソコンショップなどです。Bloor-Yonge駅周辺にはレストランが多いです。

iconアネックス
Anexと呼ばれる、Spiadina駅を中心としたエリアには、近くに大学が多いので、おしゃれなカフェやパブ、バーが数多くあり、最近注目を集めていて、カナダらしい雰囲気のお店が数多くあるエリアです。さらに品質の良い、食料品、特に野菜や肉類が安く手に入り、便利なエリアです。

iconクイーンストリート
Osgoole駅からQueen St沿いを西へ進んだ道沿いには、ブランドショップから古着屋までとにかく洋服店がずらっと並んでいます。このサイトで紹介している店も、この通りの店が多いです。パブやバー、ライブハウスも多いので、夜訪れる事もあると思いますよ。

icon中華街
aSpadina AveとDundas Stが交差するエリアが中華街です。とにかく食料品と雑貨が山のように売ってます。日本人にもかなり助かる商品が多いですよ。あと、中華料理店もかなりあるので、食事には困らないエリアです。ちなみに古着で有名なケンジントンマーケットは中華街の北西にあり、中華街に飲み込まれつつあります。

iconコリアンタウン
韓国系の様々なお店が並び、日本の物もかなりここで手に入ります。特にP.A.T.というスーパーマーケットを中心に食料品店があり、どれも品質が良く、安いです。さらに、個人的には、コリアンタウンの一角にある、Honest EDSは、フェーバレットプレイスです。その雑然とした店内にちょっとしたカルチャーショックを受けます。もちろん値段も安いです。

iconグリークタウン
実はここも、スーパーが数多くあり、生鮮食料品が安く手に入るエリアです。また、お洒落なブティックや雑貨、おもちゃ屋が多く、ウインドウショッピングの楽しいエリアでもありますよ。

iconイグリントン
aイグリントン駅周辺も、学生街として、高級住宅街として知られていて、オシャレなバーやカフェ、学生向けのお店が数多くあります。語学学校も多いです。特にEglinton駅から北のYonge St沿いには数多くのショップが並んでおり、Queen Stに次ぐ賑わいを見せています。

iconダファリンモール
Dufferin駅のすぐ南には、トロント西部でも有数のショッピングモール、Dufferin Mallがあります。Eaton Centreにあるショップも数多く出店しているので、トロント西部に住んでいる人は結構通う事になりますよ。

iconヨークデールモール
Yorkdaleには、トロント市内有数のショッピングモールがあり、トロント北部に住んでいるカナディアンが車でどっと訪れるショッピングエリアになっています。さらに、駅の南側には、数多くアウトレットショップがあり、こういったショップを歩いて回るのも楽しいですよ。

基本的に、カナダで手に入らないものは殆ど無いです。ただ電化製品はかなり割高になります。本当に必要であれば日本からもって行きましょう。

a 日本のものを入手する a

icon日系マーケット
日本の商品、厳密にまったく同じものは、日本食料品専門店で殆ど手に入ります。こういった店はトロント市内に何店かあります。ただし値段はそれなりに高いです。何しろ輸入品ですからね。ただ、ものによっては安いものもありますよ。こういう店には食品、日用品だけでなく、本や、ビデオレンタルを行っている店もあります。宅配サービスもやっていますので、遠方からでも手に入ります。

icon中華街やコリアンタウン
近くで売っていないものでも、中華街やコリアンタウンに行けば殆ど手に入ります。それだけ、日本と中国・韓国は文化的にも近い国なのです。しかも安いので、日本食料品店で買うよりお買い得な場合が多いですよ。

※郊外にPacific Mallという香港系のショッピングモールがありますが、ここも日本製品が多いです。
a
a
a
a

a
a

a
a a
基本情報
暮らし
生活準備
住居
買い物
食べ物
生活雑貨
家電
交通
お金
医療
通信
家庭
女性
日系コミュニティ
雑情報
仕事
旅行
スポーツ
レストラン
ショップ
エンターテイメント
a
a
a
a
a
a
a a a a a
a
aCopyright(C) Brand New Web. All Rights Reserved.
a