a
トロントオンラインは、カナダ、トロントをくまなく紹介するトロントポータルサイトです
a
a
bar bar
a
a
a トロントでの銀行、両替、カードに関する情報のご紹介
 
a
a
お金暮らしトロント大全HOME a
a a
a 通貨銀行口座開設銀行利用法両替お金の持込みクレジットカードインターナショナルカード a

カナダの通貨、銀行、両替、そしてお金の持ち込み方法のご紹介と、クレジットカードとインターナショナルカードについてご紹介します。

a 通貨 a

icon通貨単位
カナダの通貨単位はカナダドルです。


紙幣 $5、$10、$20、$50、$100、$500、$1,000の7種類
硬貨

¢1(ペニー)、¢5(ニッケル)、¢10(ダイム)、¢25(クォーター)、$1(ルーニー)、$2(ツーニー)


実際には$500や$1,000紙幣を使うことは殆ど無いです。ちなみに¢25、$1のコインは使用頻度が高いので切らさないようにしましょう。又$50や$100の紙幣は使う場合断られる場合が多いので、小額紙幣を持つようにしましょう。実際に銀行のATMを利用すると出てくるのは$20紙幣です。
icon現在の為替レート - ヤフーファイナンス為替 ・・・英語だがグラフ付きでわかりやすい。

iconトラベラーズチェック
世界中殆どの国・地域で使える旅行者用の小切手です。有効期限がなく、いつまでも使えます。万一紛失や盗難にあっても控えを持っていれば、再発行を受けられます。また、外貨建てT/Cは外貨現金より有利なレートで購入できるので便利ですよ。

日本から海外へお金を持ち出す際に、使用頻度が高いです。カナダに渡航する際は、カナダドルのトラベラーズチェックを用意しましょう。日本で両替する場合、レートが最も良いです。カナダドルであれば、殆どの店で使用可能です。

a 銀行 a

a留学やワーホリなど、長期滞在者は、カナダで銀行口座を開くことをオススメします。

カナダでは、高額の現金をたえず持ち歩くと言う習慣が無く、銀行のデビットカードやクレジットカードで支払いをするという文化が定着していて、非常に便利でもあります。口座の開設も簡単ですし、セキュリティ面からも、口座を開き自分のお金を預けておく必要があると思います。またサービスとして、電話やオンラインでの各種サービスも充実しているので便利ですよ。

大手銀行はRBC(Royal Bank of Canada)、CIBC(Canadian Imperial Bank of Commerce)、Bank of Montreal、TD Canada Trust Bank、Scotia Bankです。またRoyal BankとScotiabankは日本での口座開設も可能です。但しカナダ到着後に再度手続きが必要です。なので、トロントに到着後に口座開設をすることをオススメします。

 
icon日本との違い
a
口座維持に
手数料が必要
・日本の銀行と違って、カナダの銀行は口座維持手数料が必要です。銀行によって違いますが、$5程度の手数料がかかります。ただし、条件によっては、銀行によって無料になるサービスもあります。
個人で小切手を持つ ・カナダでは、個人で小切手を持つ習慣があります。多額の支払いは小切手で、後日口座から引き落としという形で、現金を持ち歩かない習慣です。私達には必要が無いかとは思いますが便利であることは確かです。但し、発行手数料がかかる場合もありますのでご注意を。
通帳が無い ・なんと通帳がありません。代わりにインターネットや電話で口座の情報が確認できるシステムになっています。
口座の利用にも手数料 ・口座の利用回数で、一定数を超えると手数料がかかる場合があります。自分の契約プランをよく確認しましょう。
預け入れが半手動

・何とATMでの預け入れは、まず、金額を入力後、ATMの横にある封筒にお金を入れ、指定のポケットに入れるという、半手動です。日本のようにATMが自動でお金をカウントしてくれることはありませんのでご注意を。

銀行振込みはしない ・銀行振り込みは一般的でありません。手数料もかなりかかるので、利用する機会は無いでしょう。

a 口座開設 a

icon口座の種類
口座は大きく分けて、Chequing Account(普通口座)とSaving Account(定期預金口座)に分かれます。殆どの人はChequing Accountを利用することとなりますが、長期にお金を預けたい人は、プラス別途Saving Accountを開設することをオススメします。

Chequing Account 日本の口座と違う点は、小切手を発行できるプランが備わっていることです。
Saving Account 定期預金の口座です。通常より高レートの利息が付きますが、引き出しの回数や金額などの制限が付きます。このメリットは、長期で預金するある程度の金額があれば、日本と違って、高い利息が付くので、かなりオススメですよ。

icon口座開設に必要なもの
a
英文の身分証明書
(2種類)
パスポート、クレジットカード、SIN Number、OHIP、国際運転免許証、国際学生証、雇用証明書
(内一点は写真入を用意しましょう(パスポートが無難))
現住所を証明できるもの 上記の証明書もしくは、自分の家に届いた手紙や請求書など。

※現住所の証明について、自分の住所が決まったら、自分宛に英語で手紙を出しましょう。これが現住所の証明になります。
※応対した担当者によって、身分証明書についての判断基準が異なる事があるので、注意が必要です。

icon口座開設の流れ
a
インフォメーションで
口座開設を申し出る
面談が必要なので、あまり遅い時間(3時以降など)に行くと、翌日以降にされる場合があります。電話でアポイントを取っておいたほうが良いですが、午前中など早めに行けば必要ないかと思われます。
面談 申し込み書類に、必要事項と、口座のプランなどを記入後、簡単な面談となります。といっても形式上で、まず落ちることは無いでしょう。質問事項としては、滞在期間、滞在目的、所持金などです。
手続き 口座発行が決済されると、口座の暗証番号を聞かれます。予め考えておきましょう。
キャッシュカードの発行 口座の開設が完了すると正式なキャッシュカードがもらえます。
仮カード発行 銀行によっては、正式なキャッシュカードの発行に時間がかかります。その場合は、それまで使える仮のキャッシュカードがもらえます。正式なカードは、後日郵送で届きます(約1,2週間)。

※正式なカードが届いた後は、仮のキャッシュカード(Temporaly Card)は、はさみで切って処分しましょう。 通帳がないかわりに、毎月の利用履歴が郵便で届きます。日本と同様に、インターネットでも利用履歴を確認したり、入金、振込等が出来ます。

a 銀行利用法 a

icon預け入れ・引き出し
aカナダの銀行のATMは24時間利用できて、手数料無し(回数制限有)というのが一般的で、ATM自体も数が多いです。セキュリティ面でも、多額のお金を持ち歩くのはやめて、必要な時に引き出すようにしましょう。

※ATMでお金を引き出した場合、出て来る紙幣は基本的に$20です。なので高額の引き出しになると、お札がかなりかさばります。

iconデビッドカード
日本でも使える店舗が増えてきましたが、カナダではかなり主流の支払方法で、要するに銀行のカードで料金を精算し、後日銀行口座から引き落とすというシステムで、クレジットカードと同様の使い方が出来ます。利用できる場所も多く、殆どの店舗やレストランで使用出来ます。トロントでも高額キャッシュを持ち歩くことはオススメできませんので、こちらに持ってきた現金は現地の銀行の口座に入れて、デビットカードで支払いをするスタイルで生活している人は多いです。またカードが盗難にあった際も、日本で作ったクレジットカードだと再発行が大変ですが、デビッドカードならこちらの銀行ですぐ再発行できるので便利です。

icon両替

a銀行口座を持っていれば、良いレートでの両替が可能です。但し、口座がなければ手数料がかかります。T/Cの現金化も手数料無く出来るので便利ですね。日本からのお金の持ち込みは、カナダドルのT/Cを作り、現地の銀行で現金化するのが最もレートが良いです。

icon小切手
高額の支払いには、小切手が一般的となっています。特に給料が小切手で支払われる場合もあります。小切手を持ちたい際は、口座開設の際に手続きが必要です。また、口座の種類によって手数料がかかります。

icon引き落とし
携帯や電話、ネット料金などはそれらの料金を自動引き落としに出来ます。

icon領収書の支払い
領収書の支払いは、窓口に行かなくても、ATMでもすることが出来ます。

カナダのATMは日本とはちょっとだけ使い方が違うので、それを踏まえて紹介します。何か分からない事があっても、銀行の営業時間内であれば、係員が巡回していて話しかけてくれたりするので、気軽に質問しましょう。

icon使い方
a
最初に キャッシュカードを入れ、パスワードを入力し、ENTERを押すと、メニュー画面に移ります。
お金の引き出し WITHDRAWを押し、口座の種類を指定して(Chequing Account、Saving Accountなど)、引き出したい金額を入力します(金額指定も可能)。最後にレシートの有無を選択するとするとお金を引き出すことが出来ます。
預け入れ これが特に違います。まずDepositを選択して、自分が預金したい金額を入力しましょう。その後、その金額を、備え付けられている封筒に入れ、指定の紙幣の預け入れ口へ入れましょう。ちょっとわかりづらいのでご注意を。
残高照会 ACCOUNT INFO AND UPDATEを選択し、メニューに従って選ぶ。レシートももらう事が出来る。
支払い PAY BILL OR CREDIT CARDを選択し、メニューに従って選ぶ。レシートももらう事が出来る。

a 両替 a

銀行以外にもショッピングセンターや街角に両替所があります。銀行での両替は、口座がなければ手数料がかかります。また銀行よりレートの良い両替所もあります。よって両替率の良い両替所を見つける事が肝心。Dundus×Spadina (China Town)がレートが良いです。街中の両替所でも手数料は1回につき$2程度です。

a お金の持込み a

カナダにどういった形で留学資金を持ち込んだら良いか?ここでは、お金の種類別に、用途に合わせてお金の用意の仕方をご紹介します。

iconお金の種類
a
日本円現金 何かあった際の予備として小額持って行くことをお勧めします。

日本円T/C

  トラベラーズチェックは日本でカナダドルのものを作りましょう。
カナダドル現金   日本でカナダドルの現金を用意するのはとてもレートが悪いです。TCに変えるか、日本円をカナダに持って行って現地で両替することをオススメします。
カナダドル T/C ★★★ これが一番レートも良く、確実で安全な方法です。資金の大半はこの方法で持って行きましょう。
クレジットカード ★★ こちらはカードの両替レートも良いので、買物はカードですると便利です。さらに、資金が少なくなってきたら、日本の口座にお金を入れてもらえれば、こちらでカードで使えるので、送金の手間が省けます。但しキャッシングは結構高いのでご注意を。
インターナショナル
カード
★★ クレジットカードと違うのは、日本の口座から直接お金を引き出せる点です。レートもそれほど悪くないので、現金が必要な際は、このカードを利用して日本の口座から引き出しましょう。
海外送金 ★★ 日本の銀行から海外の銀行口座に直接送金する方法です。長期滞在する方向けです。

iconそれぞれの特徴
a
トラベラーズチェック ・最も確実でレートの良い方法。日本の銀行(東京三菱がオススメ)で日本円の現金をカナダドルのTCに両替しましょう。
・空港よりも市内の銀行のほうがレートが良ので、多額の金額の場合は市内で両替することをオススメします。
クレジットカード ・海外での大きな買物や学費などはクレジットカードですることをオススメします。(但し学費は場合によって手数料が取られるのでご注意を)
・カナダはカード社会なので、殆どの人はお金を持ち歩かずにカードで支払いをして、現金を持ち歩きません。
・日本人にとっても最もレートが良い方法です。よって支払いはカードでするのがオススメです。
・身分証明書として、海外での銀行や携帯電話などの契約時にも必要なので必ず用意しましょう。また何かの際の臨時の支払方法としても有効です。
・但しカナダも含めカード犯罪が蔓延しています。使用の際は、あまり変な場所でカードを使わないようにしましょう。
インターナショナルカード ・日本の口座でお金を管理出来ることと、実際の引き出し手数料も低く、便利です。ただし為替レートに注意して、計画的にキャッシングしましょう。
・この制度を利用すれば、海外送金をする必要が無いです。日本の自分の口座にお金を入れておいて限度額はありますが好きな時に現地でキャッシング出来る訳ですから。
現金 ・現金を持っているというのはリスクが高いですが、カード紛失時の予備として、いくらか持っていることはお勧めです。
・持って行く現金は、日本円でかまいません。これが結果として最もレートが良いです。もし日本でカナダドルのキャッシュへ両替した場合、カナダで日本円を両替するより10万円で1万円ほどのレートの差が発生しますよ。
海外送金

・海外の銀行口座を持っていなければ利用できないので、こちらに来て口座を開いた後に日本から送金してもらわなければなりません。
大金を一度に海外の銀行口座に移行できるので、安全な方法です。
・送金手数料が1件につき¥5,000程度かかります。


icon100万円を留学資金とすると
a
日本でカナダドルのトラベラーズチェックに変えて持込む 60万円
日本円の現金 5万円
クレジットカードでの支払い 残り
日本の口座からインターナショナルカードで引出し 残り
海外送金 しない

大体資金の内の3分の2を現地にもって行き、それ以外は、日本の口座で管理するのが良いでしょう。但し、日本出発時、円安ならトラベラーズチェックは少なめにしたり、もしくは円高であればトラベラーズチェックを多めに持ち込むといったことも良く考えましょう。

留学方法、例えば学生、ワーホリによって、現地で使うお金の用途がかなり変わるので、特に学校に長期で通う予定であればトラベラーズチェックを学費分は必ず持ち込むなど、割合を考えて持ち込みましょう。

a クレジットカード a

aクレジットカードはぜひ用意してほしいです。カナダは安全な国ではありますが、大金を持ち歩くのはオススメできません。また、殆どの施設やお店でカードが使えるので便利ですよ。

さらにいざという時お金をキャッシングできると言う安心感もありますし、携帯電話などの契約に必要だったりします。、カード自体が身分証明書の役割も果たす場合があるので、何かと便利です。最近のカードは年間手数料無料のものも多いですから余計なお金もかかりませんしね。

最近では海外旅行傷害保険のついたカードやマイルの貯まるカードもあるので、自分の旅行のスタイルに合ったカードを選びましょう。カナダ国内でのカードによるキャッシングはオススメできません。両替レートが悪いので、現金はトラベラーズチェックなどを用意してもって行きましょう。

iconカナダでクレジットカードを作ろう!
カナダでは銀行口座を開いてしまえば簡単にクレジットカードを作ることが出来ます。メリットとしては、特にワーホリビザで働いている人などは、こちらでカードを持っていれば、月末払いや分割払いにして、こちらの銀行口座に入金すれば良いというメリットがありますね。詳しくは各銀行にお問い合わせ下さい。CIBCはカードを作るのが比較的楽ですよ。

iconデビッドカード
a 日本でも使える店舗が増えてきましたが、カナダではかなり主流の支払方法で、要するに銀行のカードで料金を精算し、後日銀行口座から引き落とすというシステムで、クレジットカードと同様の使い方が出来ます。利用できる場所も殆どの店舗やレストランで使用出来ます。トロントでも高額キャッシュを持ち歩くことはオススメできませんので、こちらに持ってきた現金は現地の銀行の口座に入れて、デビットカードで支払いをするスタイルで生活している人は多いです。また、カードが盗難にあった際も、日本で作ったクレジットカードだと再発行が大変ですが、デビッドカードならこちらの銀行ですぐ再発行できるので便利ですよ。

a インターナショナルカード a

インターナショナルカード、あまり聞かない名前ですが、これがとても便利なものです。その仕組みとは、日本で使っている銀行カードを、海外で使えると言うもので、通常は、為替レートに基づいての現金引き出し、残高照会が出来ると言うものです。

カードの特徴として銀行カードにPLUSマーク、Cirrusマークが付いているカードでその機能が利用でき、実際に海外のATMで使用することが出来ます。カナダの大手の銀行のATMであればまず利用できると思います。通常手数料として200円程度の手数料がかかりますが、銀行によっては引き出し限度額がかなり高いので、海外送金に比べて格段に割安です。ちなみにUFJ銀行では1日で10万円まで引き出すことが出来ます。100万円位までなら海外送金なら手数料が5000円程度かかるのに、インターナショナルカードを使えば最も安くて400円程度でお金の引き出しが出来る訳です。但し、もちろんカナダのATMの引き出し限度額もあるので、実際にはもっとかかります。

iconメリット
a
・手数料が余りかからずに日本からお金を持ち込むことが出来る。
・日本の銀行口座でお金を管理するので安心。(インターネットバンキングを併用すれば、ネットで口座のお金の管理が容易に出来る)
・カナダに限らず世界中で利用できるので、アメリカへ旅行に行く際なども、現地でアメリカドルを引き出せるので便利。

icon注意事項
a
・銀行によってはATM利用手数料がかかります。これを考えても海外送金に比べれば格段に安いです。
・引き出せる現地通貨は、その時点の為替レートに左右されます。よって円安の際は損をするわけで、現地の為替レートと見比べて、レートが良い時に引き出すことをオススメします。大体1カナダドル=90〜110円ですので、レートの良いときに引き出すようにしましょう。
・カード紛失時は、クレジットカードと同様に、紛失の手続きをして再発行が必要です。当然、カードは日本国内の届け出ている住所に届くので、さらにそこからカナダへカードを送らなければいけません。大体2,3週間かかるのでご注意を。
・日本の大手銀行は、インターナショナルカードに関してJTBやJCBなどを窓口にして海外でも取り扱いに関してサービスを行っています。詳しくは利用している銀行で確認しましょう。

icon参考情報
日本でインターナショナルカードを作った後、インターネットバンキングで口座管理して、日本でもカナダでも全く同じような状況でお金の管理をするというスタイルをオススメします。私の利用しているUFJ銀行、インターネットバンキングも充実してますし、さらに普通に口座を開くだけで、インターナショナルカードの機能が付いてきますよ。

一回の料金 : 200円 引き出し限度額 : 10万円 ※現地の銀行の引き出し限度額にも左右される
iconUFJ銀行 - インターナショナルカードについて
a
a
a
a

a
a

a
a a
基本情報
暮らし
生活準備
住居
買い物
食べ物
生活雑貨
家電
交通
お金
医療
通信
家庭
女性
日系コミュニティ
雑情報
仕事
旅行
スポーツ
レストラン
ショップ
エンターテイメント
a
a
a
a
a
a
a a a a a
a
aCopyright(C) Brand New Web. All Rights Reserved.
a