a
トロントオンラインは、カナダ、トロントをくまなく紹介するトロントポータルサイトです
a
a
bar bar
a

a
BROKEN SOCIAL GAPコラムフォーカストロントHOME a
a WHAT’S A BAGLE!?

aいよいよ、9月6日から15日までの10日間トロントフィルムフェスティバルが開催されますね!私はトロントに来るまで、この映画祭の存在を知りませんでした。これはカンヌ映画祭に次ぐ国際的な映画祭だと言われています。この期間中、トロント市内約10ヶ所のシアターで、国内外のメジャーな作品からマイナーな作品まで合計300本以上の作品が上映されるということからも、いかにエキサイティングなイベントかということがよく分かります。

ところで、トロント国際映画祭の開催にあたり、毎年約2,000人のボランティアが活躍します。今年度は7月の終わりから8月の初めにかけてこの映画祭のボランティアの募集がありました。私も説明会に参加したのですが、会場には10代の若者から年配の方まで多くの人々が出席していました。どうやら、カナダ人にとって、ボランティアをすることはごく一般的なようです。

調べてみると、15歳以上のカナダ人の4人に1人は慈善団体や非営利組織を通してボランティア活動をした経験があるとのこと。カナダでは、1937年にボランティア活動を普及させることを目的に、モントリオールに最初のボランティアセンターが作られました。それ以後、60年代から70年代にかけて各地にセンターが作られ、現在は、約200のボランティアセンターがカナダ全土で活動を行っています。特に、10年ほど前から国民の社会参加を活性化する方策として、政府がボランティア活動を積極的に奨励しています。ボランティアセンターと協力して、ボランティア活動の斡旋やトレーニングプログラムの開発などを行っています。ボランティア活動をキャリアの一つとして認められるということもあり、多くの若者がボランティアに関心があることは確かなようです。

慈善団体や非営利団体を通じてボランティア活動ができるのは、カナダ人だけではなく、英語を母国語としない私たち日本人にも、もちろんチャンスはあります。仕事はトロント国際映画祭のような短期のイベントから企業や施設で求められるような長期的なものまで様々です。また、オフィス系やコンピュータ関連、子供や高齢者向けのケアなど職種も豊富です。私たちにとってはカナディアンと触れ合う絶好の機会だし、カナダの社会や文化を体験するまたとないチャンスなので、今までボランティア活動に興味のなかった人も、トロントに滞在中に一度はトライしてみては!?きっと貴重な経験になるはずです!

これ以外にも、水族館や博物館でもボランティアを募集していますし、日本語教師アシスタントや日系の幼稚園でのボランティアもあります。興味のあるものを見つけたら、ウェブサイトをチェックしてみることをお勧めします!

オススメサイト
ボランティアトロント

Web: http://www.volunteertoronto.on.ca

Written by LEANN
a
a
a
a
a
a
a
a a a a a
a
aCopyright(C) Brand New Web. All Rights Reserved.
トロントオンライン
a